耐熱の台湾茶器@銀座三越に向けて

明日3月2日(木)から始まります。
「お茶をたのしむうつわ展」@銀座三越7階リミックススタイル

今回、数は多くないのですが、定番の台湾茶サイズの茶器も出品させてもらっています。

16_3_1_2

ダイアの蓋碗(がいわん)

16_3_1_1

Flow(フロウ)の蓋碗

16_3_1_3

月色の茶壺(ちゃふう)

16_3_1_4

月色の茶海(片口)と茶杯

16_3_1_5

そして、絵付けモノの茶海など

16_3_1_6

16_3_1_7

3月はじまりの今日もこちらは雪景色でした。
そんな雪が降る中、
白いエナメル顔料を彫り落としていく作業は、やはり私の落ち着く時間です。

16_3_1_8

そして、茶入れも数点。

16_3_1_9

本体は吹きガラスの作業で白い色ガラスを使ってつくり、
蓋はバーナー作業で合わせてつくっています。このカタチで被せタイプは初。

16_3_1_10

会場でいろいろ手にとってご覧いただけましたら嬉しいです。

今回は「えむに」からは在廊が叶わず残念ですが…
会期中は企画の「うつわ謙心」さんが会場に在廊されています。
そして、ご一緒させてもらう作家さんたちも在廊日がありますので(下記に表記)
お近くにお越しの際には、ゼヒお立ち寄りくださいませ。

どうぞよろしくお願いいたします。

 

myu

⇒人気ブログランキングへ

 

【参加作家】
岡崎慧佑・小林千恵・萩原将之・フクオカタカヤ
glass atelier えむに・Murakami Keico・中野知昭

作家在廊:(12:00~18:00)
 岡崎慧佑 2(水),6(日),13(日),15(火)
 小林千恵 2(水),5(土),6(日)
 萩原将之 5(土),6(日),12(土),13(日)
 フクオカタカヤ 4(金),5(土),6(日)
 Murakami Keico 5(土),6(日),12(土),13(日)

 

会期
2016.3.2(水)〜15(火)
開場
10:30〜20:00
場所
銀座三越7階リミックススタイル
協力
aglaia 石井りか(お花)
企画
「うつわ謙心」

 

 

耐熱のガラス急須@銀座三越に向けて

先日お知らせいたしました
来週3月2日(木)から始まる「お茶をたのしむうつわ展」に向けての制作もあと少し。

16_2_27_1

今回はお茶の中でも ”煎茶” がメインテーマということもあり、
DM用作品にもなっています横手の急須と湯のみ等を多めに出品予定です。

16_2_27_2

Flow(フロウ)のシリーズ

16_2_27_3

月色(つきいろ)のシリーズ

16_2_27_4

ダイアの急須に合わせて、今回、ダイアのシリーズでは今までつくっていなかった
そばちょこサイズのグラスもつくってみました。

16_2_27_5

16_2_27_6

このカタチ、サイズ感は、うつわの用途としては無限大に使ってもらえそうです。
(急須、湯呑み、グラス等、すべて耐熱ガラス製)

16_2_27_7

16_2_27_8

エナメルの絵付けモノも数点。

週明けの発送に向けて、もう少し、手を動かしていきます。

 

myu

⇒人気ブログランキングへ

 

【参加作家】
岡崎慧佑・小林千恵・萩原将之・フクオカタカヤ
glass atelier えむに・Murakami Keico・中野知昭

作家在廊:(12:00~18:00)
 岡崎慧佑 2(水),6(日),13(日),15(火)
 小林千恵 2(水),5(土),6(日)
 萩原将之 5(土),6(日),12(土),13(日)
 フクオカタカヤ 4(金),5(土),6(日)
 Murakami Keico 5(土),6(日),12(土),13(日)

 

会期
2016.3.2(水)〜15(火)
開場
10:30〜20:00
場所
銀座三越7階リミックススタイル
協力
aglaia 石井りか(お花)
企画
「うつわ謙心」

 

 

 

 

「お茶をたのしむうつわ展」@銀座三越

来月3月2日(木)から始まる企画展のお知らせです。1603 tea_02

いつも楽しい企画にお声がけいただいてます東京の「うつわ謙心」さんの企画展。
今回はお茶をたのしむうつわの展示会が「銀座三越」7階で開催されます。

えむにからは、急須、ポット、湯のみ、ティーカップなど、
かたちを変えて、いろいろ出品予定です。(すべて耐熱ガラス製になります)

残念ながら、今回の会期中の在廊は叶いませんが、
ご一緒させていただく作家さんたち、魅力的な方々ばかりです。
お近くにお越しの際には、是非お立ち寄り下さいませ!    

 

【参加作家】
岡崎慧佑・小林千恵・萩原将之・フクオカタカヤ
glass atelier えむに・Murakami Keico・中野知昭

作家在廊:(12:00~18:00)
 岡崎慧佑 2(水),6(日),13(日),15(火)
 小林千恵 2(水),5(土),6(日)
 萩原将之 5(土),6(日),12(土),13(日)
 フクオカタカヤ 4(金),5(土),6(日)
 Murakami Keico 5(土),6(日),12(土),13(日)

 

会期
2016.3.2(水)〜15(火)
開場
10:30〜20:00
場所
銀座三越7階リミックススタイル
協力
aglaia 石井りか(お花)
企画
「うつわ謙心」

 

どうぞよろしくお願いいたします。

 

⇒人気ブログランキングへ

 

 

 

 

ボトルの中に


制作の日々が続いています。

16_2_17_0

まるを、まるく吹く。分かりきった基本をひとつひとつゆっくりと。

16_2_17_1

先日吹いたカタチに、コルク栓を挿してみました。

16_2_17_2

そして、先日の青空に。

16_2_17_3

冬の晴れ間が貴重な北陸の地。
お天気ひとつで、ほんとうに嬉しい気持ちにさせてもらえます。

16_2_17_4

そして、青空快晴の一日の締めくくり。

16_2_17_5

たまらなくなるくらいの夕暮れ色をボトルの中に。

16_2_17_6

この日は、夕陽が沈んだあとも、ほんとうにキレイな空でした。

16_2_17_10

16_2_17_11

16_2_17_12

もう春はそこまで来てるなあ、と感じるような数日間でしたが、、そこは流石にまだ2月!

昨日からの雪で、この辺りは一面真っ白になりました。

16_2_17_8

16_2_17_9

いろんな景色を閉じ込めて。
そして、映し込んでいってみたいと思います。

さ、このボトルには何てタイトルを付けようかな。

 

myu

⇒人気ブログランキングへ

 

 

 

ガラスのお雛様


寒い日が続きますが、立春も過ぎ、暦の上では春がやってきました。
今年もご注文をお受けしたガラス雛を順にお届けさせていただいています。

16_1_23_0

こちらは、吹きガラス作業で、内側に色ガラスを使い厚みのある生地をつくり、リューターでガラスの表面を彫り込んで模様を入れたモノ。

16_1_23_1

それぞれのお顔の栓を挿して、男雛女雛に。

16_1_23_2

写真は年末にお届けさせていただいたお客様の分です。
模様の中に、お嬢さまのお名前と生年月日も一緒に彫らせてもらいました。

16_1_23_3

小さな花挿しとしても使える「ぼんぼり」と一緒に。
喜んでいただけたようで、こちらもとても嬉しく思っています。
こうして節句の御祝いのお手伝いをさせていただけるのは、本当にありがたく光栄なこと。ご縁に心から感謝いたします。

16_1_23_4

そして、桃の節句の季節以外には、一輪挿しとしても使ってもらえるようなカタチです。

16_1_23_5

どうぞいろいろとお愉しみいただけましたら嬉しいです。

お届けをお待ちいただいている方々には、
桃の節句に間に合うよう、ご注文をいただいた順に準備しておりますので、
今しばらくお待ち下さいませ。どうぞよろしくお願いいたします。

  

myu

⇒人気ブログランキングへ

 

++
工房でのラジオから流れた、今朝の台湾での地震のニュースに
心よりお見舞い申し上げます。
そして、皆さまのご無事をお祈り申しあげます。

水上竜太
マエダミユキ

 

空と雪とガラスの日々


先日の夜明け。

16_1_31_1

16_1_31_2

16_1_31_3

16_1_31_4

全国的に影響の大きかった大寒波。
こちら福井は例年通りの積雪がやっと来たと言った感じでしたが、九州など、普段あまり雪の降らない場所での積雪は大変だったことと思います。お見舞い申し上げます。

16_1_31_5

一気に積もりましたが、
こちらも翌日の青空でキレイな雪解けの一日も感じることが出来ました。

光を通したり、光を溜めたり。

16_1_31_6

16_1_31_8

この季節ならではの、ガラス独特の冬色の表情にドキッとすることもあります。
凍えるような寒さを感じる日も気持ちは穏やかに。こんな冬色のようにしっとりと。
いくつになっても、
こうしていろんなコトに気付き、想えることは、有難くて大事な時間だな、と改めて。

16_1_31_7

そして、キンと冷えた日には、あったかいレモネードで一服。
ご近所のお庭からの嬉しいお裾分けレモン。
お砂糖漬けにして、美味しいシロップになりました。

16_1_31_9

この写真は今朝の1枚。
1月最後の日の朝の色。思わず吸い込まれそうになる空でした。

年明けからいろいろあった一ヶ月。
長いような短いような…それでも、濃い日々が過ぎていきます。

来たる2月もどうぞ良き日々になりますように。

 

myu

⇒人気ブログランキングへ

 

 

吹きガラスの日々


大寒を迎えた昨日
「えむに」の溶解炉にも、この冬のガラスが溶け始めました。

16_1_22_1

ここからしばらく、吹きガラスの制作の日々が続きます。

16_1_22_2

外はまだうっすら雪化粧。
先日の積雪の日から寒い日が続いていますが、工房の中は暖かく過ごせます。
昨日今日はryuが吹きガラス作業。
工房2階の私の削り作業スペースは、ちょうど溶解炉の上部分なので
バッチリ床暖房と言ったところで快適。笑

16_1_22_3

16_1_22_4

この季節、まさに北陸!というようなグレーな雲が広がっている時間帯が多いのですが、
こうして突然の晴れ間があったりすると、思わず、ガラスに空を映し込みたくなります。

16_1_22_6

準備から火入れ、温度上げまで、いろいろ気を使うところも多い作業ですが、
こうして無事にキレイなガラスが溶け、火に向かえる喜びを感じながらの時間です。

またひとつひとつ手を動かしていきたいと思います。

 

myu

⇒人気ブログランキングへ

 

++
週末には数十年ぶりと言われる強い寒波がやってくるとのこと。
皆さま、どうぞ暖かくお過ごしください。

 

 

雪 2016.1.19


今年は暖かい冬が続いていましたが、こちら福井も、ようやく例年通りの雪化粧です。

16_1_19_1

昨夜から雷ゴロゴロ鳴り響く大荒れのお天気。
降った雪がどんどん飛ばされてしまって、あまり積もらないほどの強い風。

16_1_19_2

こんな吹雪の日はちょっと胸がざわつくけど、
それでもやっぱり雪景色には、いくつになってもわくわくするようです。笑

16_1_19_3

16_1_19_4

風で飛ばされた雪が窓にいっぱい。

16_1_19_5

帰宅した娘たちも、外に出て遊びたくて仕方ないといった様子。
それでも吹雪の中ではさすがに、、とたしなめて、明日遊べたらいいねーと。

しばらくして、窓辺で何かしてると思ったら、長女の持つルーペのなかに雪の結晶が。

16_1_19_6

なかなか良い遊びしてるね。笑
久々の雪景色に家族中でテンションあがった1日でした。

16_1_19_7

家と工房までの間の数メートル。
暗くなり始めた頃には、長靴の足跡がすぐに消えるぐらいの積雪になっていました。
明日の朝はどんなだろう。

 

myu

⇒人気ブログランキングへ

 

 

 

月色の茶壺&茶杯


昨夜はちょうどこんな琥珀色のお月さまが西の空に浮かんでいました。
半月に近づいた上弦の月。

16_1_17_4

今夜は残念ながら分厚い雲に包まれていて光が届きませんが、
今頃もお天気の場所からは、きっといい色に輝いていることと思います。

16_1_17_3

見上げる時間、場所、角度によって、いろんな表情を見せてくれるお月さまのように
「月色」のシリーズも光の加減でいろんな色が浮かんできます。

16_1_17_5 16_1_17_2

今回は、この月色の茶壺と茶杯をご注文いただいた方の元へお届けです。
いろいろな時間で愉しんでいただけますように。

 

myu

 ⇒人気ブログランキングへ

 

そして、今日は1月17日。
21年前、ただ立ち尽くしてみていたあの映像は今も忘れることはなく。
あの日を想い祈り、そしてここにある日常に感謝します。合掌。 

 

灯りの納品へ


すこし前のことになりますが、12月の末に灯りの納品に伺った時の様子を。
地元福井のお客様が新築されたステキなお家に、えむにの「灯器」を選んでくれました。

16_1_13_1

ひとつひとつ仕上げたパーツを組み合わせて繋ぐ「コトバのシャンデリア」

16_1_13_3

一番いろんな方に見てもらえる場所にと、玄関灯として設置して下さいました。

16_1_13_2

玄関中に影が映り込んで、とても良い雰囲気に。

16_1_13_5

そして、こちらは階段灯に「模様の灯り(虹色)」
1階部分から見上げた感じです。

16_1_13_6

2階部分からの様子。

16_1_13_7

こちらも壁に影が映り、イメージ通りの空間に。
映りこむ模様を楽しんでもらえる場所になりそうです。

16_1_13_8

先日のブログでも書いた「街の灯り」も無事に設置。

16_1_13_9

じっくりと、街モヨウも楽しんでいただけそうです。

16_1_13_11

リビングのダイニングテーブルの上には「ソーダの灯り」

16_1_13_4

そして「リボンの灯り」は洗面台に。

16_1_13_12

お家のあちらこちらに、素敵なこだわりがいっぱいで、
自分たちの新築の頃を懐かしく思いながら、思わず「いいなー」と。笑

以前から「えむに」のガラスを気に入ってくださり、いつか新築したら!と話してくださっていたお客様。想いのつまった拘りのお家にプラスする灯りに、えむにの「灯器」を選んでもらえたこと、とっても嬉しく思っています。喜んでいただけて良かった!
ご縁に心から感謝いたします。
本当に本当にありがとうございました!

どうぞここから始まる新しい生活が、ますます充実した素敵な日々でありますように。

 

myu

 ⇒人気ブログランキングへ