中国茶器展 Ⅷ 前期 @季の雲(滋賀)

今年も、滋賀県長浜市にあります「季の雲」(ときのくも)さんで
1/28(土)から始まる中国茶器展に参加させていただきます。

季の雲さんにご縁のある沢山の作家が、お茶のための器・道具をつくり、
それを一同に見られる贅沢な展覧会となります。
前期・中期・後期と3部に分かれての開催。
私たち「えむに」は「前期」に参加させていただき、耐熱の茶器を50点ほど出品予定です。

初日のご来店は今年もご予約制とのこと
◯受付日時は1/19(木)20時〜23時となっています。
ご来店ご希望の方は、以下「季の雲」さんからのご案内をご確認ください。

 

【以下、季の雲さんより】
・・・・・・・・・・・・・・・・・

今年も3回に渡り開催いたします。
前期では5名、中期は3名、後期は4名と
初参加の作家さんが増えたことも魅力の一つです。

ご来場に関しては、初日のみご予約をお願いいたします。
(ご予約のお時間帯に集中した場合は、
ご変更をお願いすることがありますので、ご了承ください)

1月28日(土) それぞれ約10名様
A:11時〜11時50分 / B:12時〜12時50分 / C:13時〜13時50分
14時〜はフリータイムといたします。
(14時〜混み合った場合は人数制限をすることがございます)

*A・B・C・フリータイムそれぞれのご来場者の方になるべく公平に
茶器をご購入いただけるよう、個数制限をし、
作品をできるだけ分けて展示しています。
A・B・Cにご来場された方は、14時〜のご入場はご遠慮ください。

お申し込みは、季の雲HPの中国茶器展前期案内画面にある
ご予約フォームより必要事項をご記入ください。
なお、ご予約の受付は1月19日20時〜23時
お一人様またはお二人様、一通のお申し込みとなります。
(頼まれメールが多く見られます、必ずご本人様からお願いいたします)
2名でお申し込みの場合は、代表者の方がお申し込みいただき
重複しないようお願いいたします。

抽選とし、当選者のみ22日中にメールにてお知らせいたします。

・ご来場に関しての詳細について
当選者の方にはgallery@tokinokumo.comよりご連絡致します。
迷惑メールに振り分けられるのを回避するため、
gallery@tokinokumo.com のメールを受信できるよう、設定をお願いいたします。
_______________________________________

なお、天候やコロナ感染などの影響で、
変更があった際には、季の雲HPやSNSなどでお知らせいたします。

【陶磁器】
安藤雅信、内田鋼一、大江憲一、大中和典、境知子、竹下努、中田雄一、村上躍
【ガラス】今井美智、とりもと硝子店、三野直子、えむに
【木工】 北山栄太、富井貴志
【金属】 大山求
【布・紙】キクチジュンコ、手々

・・・・・・・・・・・・・・・・・

以上です。

明後日 1/19(木)がご予約受付日となっています。
初日にご来店をご希望のお客さまには、お手数をおかけいたしますが、
ご確認のほど、どうぞよろしくお願いいたします。

 

会期
2023.1.28(土)〜2/5(日)
開場
11:00〜18:00
場所
季の雲ギャラリー
住所
〒526−0031滋賀県長浜市八幡東町211−1

東京でのお茶の企画展と開催時期が重なりますが、
東京にはアイテムを絞りお茶淹れのための「茶壺」「宝瓶」を中心に
滋賀には定番の中国茶器アイテム全般(茶壺・宝瓶・茶海・茶杯・茶則等)を出品する予定です。どちらも良きご縁が繋がりますように。

 

⇒人気ブログランキングへ

 

また、年明けからお世話になっていました
福岡うきは市の「ぶどうのたねギャラリー」さんでの【急須とゆのみ展】から
えむにの作品は初日で完売したとの有難いご報告をいただきました◎
出品数が少なく申し訳なかったですが、、
ご縁をいただいた皆さま、ありがとうございました!心から御礼申し上げます!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

  • お知らせ

    • 2022年予定

      *会期が変更になる場合があります*

    • 2023年予定

    • 企画展
      2023/1/26~31
      うつわ謙心(東京)

    • 企画展
      2023/1/28~2/5
      季の雲(滋賀)

    • 企画展
      2023/1/7~24
      ぶどうのたね(福岡)

    • 個展
      2023/3/25~4/2
      ならまちミレー(奈良)

  • 最近の投稿

  • アーカイブ