雪見茶 2021


雪景色の続く日々
少し温度が上がる日もあり、工房周りの雪解けも進んできたので、Instagramのフォロワーさんが素敵にアップしてくれていた雪の中での「雪見茶」を実践してみました。

ひんやりとした白い世界で「氷」が本物のような錯覚に。
この季節だけの特別な表情をみることが出来ました。

翌日は、ようやく久しぶりに陽射しのある1日。
寒さも少し和らいだので、この日は明るい雪景色の中での一服。

「氷のうつわ」(小サイズ)でお抹茶。

この日、紅い実のついた枝ものを一緒に写したのが楽しくて、
次の晴れ間には、雪の山となっていた敷地の中から山茶花を一輪。

まるで、このサザンカの花を溶かしたような綺麗なピンク色のハーブティーを
「Flowのカップ&ソーサー」で。

光がさすと、白も赤もより一層に際立ちますね。

この季節ならではの雪遊びお茶時間。
雪見茶シリーズ、いつまで愉しめるかなあ。

 

⇒人気ブログランキングへ

 

 

コメントは受け付けていません。

  • お知らせ

    • 2021年予定

      *会期が変更になる場合があります*

    • 企画展
      2021/2月
      季の雲(滋賀)

    • 個展
      2021/3月
      ミレー(奈良)

    • 個展
      2021/4月
      ギャラリー元浜(岐阜)

    • 個展
      2021/5月
      おうち(京都)

    • 個展
      2021/6月
      うつわ謙心(東京)

  • Facebook ページ

  • 最近の投稿

  • アーカイブ

  • meta